在宅で働くプログラマの苦労

プログラマとしての能力を持っていると在宅で仕事を行うのが比較的容易になる。自宅勤務が可能な企業もあることに加え、フリーランスをして働く道もある。フリーランスをするという道は最も自由に仕事ができる方法である。その行い方も大別すると二通りがある。一つは企業等からの開発依頼を受けてプログラム作成等を請け負っていくものであり、もう一つが自分でオリジナルプログラムを開発して販売していくというものである。

プログラマとしての素養を生かし、最大限の仕事の自由を手に入れるためにはオリジナルのプログラム開発を行っていくという方法をとるのが最適である。しかし、そういった道を選ぶ場合にはそれなりの苦労を覚悟しなければならない。オリジナルのプログラムが売れなければ全く収入にならないことから、ある程度の見込みがある計画を立てて開発に携わらなければならないのである。もしそのプログラムが売れなかった場合に、生活費を稼ぐための別の仕事も考えておかなければならず、失敗したときに備えた入念な計画を立てることが必要になる。そして、いくつものプログラム制作を同時に行わなければならないこともある。在宅で行えるため時間を十分にとることはできるものの、それでもなお時間が足りないほどに苦労を重ねることになりかねない。一作品が売れれば軌道に乗ると期待できるものの、そこに至るまでの道のりが険しいのがオリジナルプログラムを売りにいく道なのである。こういった苦労はあるが、成功した際には企業勤務の頃より格段に収入も増え、高額プログラマーになれる為、技術力のあるプログラマはぜひフリーランスで活躍して欲しい。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です